ヒットマン入門②~スナイパーは獲物を選ぶ~

スナイプ入札をやりたい場合、ネットオークションを選ぶ必要があります。

前回の記事でもちょっと紹介しましたがヤフオクでは、
「自動延長」というスナイプ入札には天敵とも呼べるシステムがあるためです。

しかも、ヤフオクで出品されているオークションの多くが自動延長ありが設定されています。

あぁ、何たることでしょう。

自動延長とは、オークションの終了5分前に「現在の価格」があがると
自動的に10分オークションの開催時間がのびるのです。

再入札には、10分もあれば十分。

だから、自動延長ありのオークションではスナイプ入札があまり有効的ではないのです。

ヤフオクであまりスナイプ入札が騒がれないのはこういう背景があるからでしょう。

まぁ、厳密にいえば全く有効ではないというわけではありません。

自動延長は、「現在の価格」が上昇したときに発動するものですから
「現在の価格」が0円だったら、自動延長が発動しないのです。

つまり・・・

入札数が0の自動延長ありのオークションであれば、まだスナイプ入札は有効というわけです。

まぁ、あまりこういうオークションはありませんが。

スナイプ入札が盛んに行われているのは、やはりモバオクでしょう。

モバオクは、自動延長機能がないのでスナイパーにとっては格好のサイトなわけです。

しかし、このスナイプ入札を利用していたずら入札を行うスナイパーの風上にもおけない人たちのせいで
モバオクの出品者ではスナイプ入札お断り!としている人もいます。

が、しかしこれはあくまでマイルールなので強制力はありません。

モバオクの用語集には、こう書いてあります。

スナイプとは、オークション終了直前に入札する行為のことです。モバオクでは、オークションの終了間近に入札する行為をオークションの楽しさの一つとしています。終了間近の入札は、マナーが悪いというわけではありません。終了間近に入札したという理由だけで、むやみに入札を削除したり、取引を拒否する行為はやめましょう。


これを読んでもいただけっると分かる通り、運営もスナイプ入札を禁止しているわけではありません。

むしろ、マイルール側をけん制しているようにも読めます。

しかし、ルール違反ではないですがスナイプ入札を嫌っている人にわざわざスナイプ入札を行うようなことはやめておいたほうがいいでしょうね。

ヒットマン入門~スナイプ入札の方法とは~

1419255236_sniper_rifle
この記事を読んでいる人の中には、既に【スナイプ入札】についてご存知の方も多いかと思いますが
知らない方向けにちょっとスナイプ入札について紹介してみたいと思います。

スナイプ入札とは、オークションの終了直前にまさにスナイパーのごとく入札し
商品をかっさらうテクニックです。

終了直前にスナイプ入札をすれば、ライバルが再入札をするスキを与えずに落札できるというメリットがあります。

このスナイプ入札は、ヤフオク(例外あり)・楽天オークション・モバオクなど
ネットオークションであれば活用できるテクニックです。

では実際にどうやってスナイプ入札を行うのでしょうか。

時計などを用意して、時間を見つつ入札をする。

これしかないでしょう。

ただし、ネットでは即座に反映されるわけではないので
コンマ何秒の狂いも計算して入札する必要があります。

手動でスナイプ入札をしている人は、まさにスナイパーなのです。

にわかスナイパーがスナイプ入札をやろうものなら、見事に時間の壁にぶちあたり挫折してしまうでしょう。

しかも、このスナイパー勢には悲報だと思いますが
ヤフオクでは自動延長という超えることができない高い壁があるのです。

スナイパー勢にとって、一番の活躍の場であるネットオークションは
モバオクでしょう。

モバオクは、自動延長がないですからね。

しかし、スナイプ入札のやりすぎは禁物。

周りにも配慮できるスナイパーが真のスナイパーなのであります。